グルメ情報は、雑誌を集めよう!!

はるか昔から、人間の情報源に多くの人から活用されてきたものと言えば何でしょう!?それは「雑誌」ではないでしょうか。それは、グルメ情報と言う分野であっても例外ではないと言えます。

<グルメ情報雑誌について> かなり多くの種類が出版されています。外食、雑誌と言う媒体のピークだった80年代後半から90年代初頭と比べても、さすがに種類も部数も減ってはいますが、インターネットの普及もあって苦戦が続く出版業界でも、グルメ情報雑誌だけは安定した売り上げを期待できると言えます。そんなことで数少ないコンテンツとして重宝されています。(笑顔)見方を変えると、需要が高いと言う事ですね。(笑顔)

<グルメ情報雑誌のメリットについて> また、実際にお店に足を運んだ人がレポートしてくれていたりします。精度が高い情報が掲載されている点がメリットになります。また、同時に数多くの店を紹介してくれているので、一冊で相当な情報量になります。(笑顔)そういう意味においては、グルメ情報の収集手段の良いものだといえる方法ですね。ただ、雑誌には少なからずライターがいます。そして出版している会社の主観が含まれていますよね。そんなこともあって、場合によっては偏った情報になっていることも否定できません。これがデメリットでもあります。また会社が懇意にしている飲食店でも、やはり良く書かれることになりますよね。(汗)それに、逆もまた然りですよね。その辺を一番注意する必要があります。そんな情報媒体でもあります。(汗)