住宅ローンの返済と審査について

毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をすることによって、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利は大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンを組むためにはまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを組めます。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ審査が少し変わっています。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
とはいえ、年収や勤続年数などはフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

住宅ローン審査基準甘いところは?審査通りやすい!【勤続年数と年収】