薬事法とコンタクトレンズの関係ってなに?

※コンタクトレンズは医療器具にあたるので、薬事法の対象になります。
そのコンタクト販売における薬事法は、どんなものなのでしょう!?現在の薬事法は、改正薬事法と言われています。
これは2005年4月から施行されているものになりますが、この改正薬事法でコンタクトレンズの取扱いが高度管理医療機器と言うものに分類されるようになっています。
このためコンタクトレンズを販売するにあたっては、必ず医療機器販売業の許可を得なければならないと言う決まりになりました。
※コンタクトレンズは、営利行為として販売することが禁止されています。
そして、処方箋を発行してもらいます。
それを元にコンタクトレンズを販売すると言う販売形態となっています。
言い換えると、つまりコンタクトレンズを購入する場合、医師の処方箋が必要と言うことですね。
薬事法によると医療現場では、コンタクトレンズの販売を直接はおこなえません。
許可を得たコンタクトレンズ販売業者の自主規制で処方箋の提出を求めていると言うことになっています。
自主規制と言うことなので、薬事法の観点で言うとコンタクトレンズを購入する時に処方箋は要らないと言うことになります。
このようなことからコンタクトレンズの通販も可能(カラーコンタクトなどがそれにあたります。

http://xn--lckqy6pma0cwdt751isqg.skr.jp/