自営業の住宅ローンの審査の疑問点は?

自営業向けの住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。

とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はフラット35だからといって、審査内容が甘い。

といった事もありません。

住宅の価値を審査される。

という点が加わります。

違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。

という所を重点的に見る。

という点です。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

新しく家を購入するために自営業向けの住宅ローンを申請したけど、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

住宅ローンを組もうと思ったらまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

ネットバンク・労金・銀行など多くの金融機関で自営業向けの住宅ローンを組めます。

各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。

店舗に行かなくて良い。

という点が非常に好評です。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。

マイホームが欲しい!と思ったとき資金関係で役立つのは自営業向けの住宅ローンです。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うので不動産屋と提携している金融機関に申請しても良いでしょう。

返済期間に関しては人それぞれになりますが一番長いもので最長35年が選べます。

とはいっても、申込時の年齢によって不可能になる可能性もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは通りにくくなってしまう事が多いようです。

自分で家を建てたいと思い始めたとき住宅購入時の貸付が頼りになるでしょう。

申し込みの後は、初めに審査がありそれをパスしない限り、次の契約には進めません。

特に重要視されがちな判断材料は仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

加えて、ローンカードを使用したことがあるかどうかも厳しくチェックすることがあるのでもしも今後住宅が欲しいと思っているのであれば必要最低限の使用、もしくは使用されない方法を選ぶと良いと思います。

近い将来、家族と住むためのマイホームを建てたい方費用にいくらかかり、全部でどれ位の期間が必要なのかきちんとした数字を出したい場合はシミュレーションしましょう。

特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、実際にかかる自営業向けの住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。

おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。

いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。

変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、今だけでなく今後の将来を考えて具体的に判断しましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

申し込む場合は自宅近くの銀行などでも受付可能ですしインターネットバンキングでも良いと思います。

加えて、不動産屋と協力している銀行にするやり方もあります。

申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

こちらは年末調整では受付できませんので自分で行う確定申告で申告する必要があります。

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。

この保険の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。

という特別処置です。

保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

保証料は自己負担ではないので、安心して自営業向けの住宅ローンの申し込みが出来ます。


自営業場合、住宅ローンの審査に通りにくいというのは本当なのでしょうか。
銀行としても融資をするときに、返済がスムーズにすすめられる返済能力があるのか調査、審査します。
自営業の場合には、事業内容によっては収入が不安定だったり、事業の運転資金のための借り入れが生じたりすることが予想されます。
そのため、3年分以上の確定申告書で収入状況を審査されます。
それでも、年収の状況によっては審査が通らないことがあります。
信用情報をよくするためには、頭金を物件の価格の1割〜2割以上用意することです。
頭金が用意出来ると言うことが安定した収入があることを証明してくれるのです。
10割借り入れよりもだんぜん審査が通り易くなりますし、返済も楽になります。
自営業・経営者の住宅ローンQ&A【審査に通らない・審査落ちした人へ】