住宅ローンの繰り上げ返済の方法は?

マイホームを購入する際に全額現金を用意できる方は少なく、住宅ローンを利用してマイホームを購入する方が大半を占めています。
契約後に住宅ローンの負担を軽減するために行う繰り上げ返済には2種類あり、「短期短縮型」と「返済額軽減型」とがあります。
一般的に行われる「短期短縮型」は毎月のローン返済額は変えずに、残りの返済期間を短くする方法です。
繰り上げて返済した際のタイミングと金額によって利息が減りますので、早い時期にまとまった金額を貯めて行うと、効率的に総返済額を減らすのに効果的です。
また、ローンの早期完済を行うことができます。
もう一方の「返済額軽減型」は、残りの返済期間を変えずに、毎月の返済額を減らす方法です。
繰り上げて返済した分の利息は軽減されますが、毎月の返済額が減ることで短期短縮型に比べると利息の軽減額は少ないです。
しかしながら、将来の別の負担がかさむため毎月の返済額を減らしたい場合や、将来収入が減る場合には効果的な方法です。