ADSLから光回線プロバイダー契約変更

ADSLから光回線に変更するときに、プロバイダの契約変更が必要になります。
同じプロバイダでも、ADSLと光回線では契約の種類が違うので申し込みが必要なのです。
ここで、NTTにしか連絡していないと、開通工事の当日に、インターネットアクセスに必要なIDやパスワードがそろっていないことになり、工事は済んでいるのにインターネットがつながらないということになってしまいます。
また、いままでのプロバイダが光回線に対応していないとか、サービスの内容が合わないなどの理由で、回線の変更に合わせてプロバイダの変更をする方もいると思いますが、光を新規で申し込んで、NTTから連絡工事の日程についての連絡をもらい、開通を確かめてADSLの解約をすると良いでしょう。