フラット35の審査は厳しいのか?銀行によって違う?

自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

とはいえ、家は高額な買い物です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という様なことはまず難しいでしょう。

では、借金をするための住宅ローンのフラット35はどういった所を選べば良いのか。

一番いい方法は銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。

借金したいところを自分で選んでも良いのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき銀行から申し込みできる住宅購入時の貸付が良いです。

申し込み後は初めに審査がありますので、それを受ける必要があります。

それをパスしない限り、次の契約には進めません。

ここで重要とされる基準は仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

さらに、カードローンの利用歴も厳しい目でチェックする可能性も高いので今後住宅購入を考えているのであれば必要最低限の使用、もしくは使用されない方法を選ぶと良いと思います。

住宅ローンのフラット35を組む際はまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。

例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを組めます。

金融機関ごとの住宅ローンのフラット35審査の違いは特に大きな物はありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。

ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローンのフラット35審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

住宅ローンのフラット35を組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。

住宅ローンのフラット35は最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

残念ながら審査が通らないと、住宅ローンのフラット35は組めません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。

諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

将来、住宅ローンのフラット35を考えているけど高額なために利子が少しでも安い店で申請したいと思うでしょう。

従って、最近ネットでも話題になっている評判のおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

何を差し置いてもその金利の安さはどこにも負けず、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として登録している方だからこそ割引してもらえます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

これから住宅ローンのフラット35を組む予定のある方に、便利なボーナス払いを利用する前に必ず注意して下さい。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。

でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、任意返済もできるところで申請してみましょう。

将来、新築か中古の物件を購入しローンを予定されている方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

通常は、25年か35年で申込みされる方が多いのですが現実のところ、期間いっぱいかかる方は少数のようです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時はまとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

今後引かれるお金や必要になってくる経費も合わせて検討し、長く続けられるように計画を見直しましょう。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

何年か後に、夢のマイホームを建てる計画をしている方は申請する際に火災保険に加入する必要があります。

月々にかかるローンだけでも高額なのに更に、高いお金を払う必要があるのかと思う方も多いでしょう。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合にもしも保険に入っていなければ、ローンは消えることなく家が無くなっても支払いを余儀なくされます。

万が一何かあっても対処できるように、申請していれば契約者であるあなたはもちろん、お金を貸した側も便利なのです。

このような理由で、契約を求められるという訳です。

フラット35の審査は、緩いという一般の噂は本当なのでしょうか。
公務員や、一般の会社員で家族があり、過去にローンの延滞など目立った金融事故の無い人なら通常の手続きを問題なくすれば、審査に通らないということはまずないでしょう。
インターネットでの噂を調べますと、審査に落ちたという人も確かに存在するようです。
独身者だと通りにくいという話もあり、また属性によって通りにくいということはあるようです。
どこの金融機関からも申し込めるフラット35ですが、審査をするのは住宅金融支援機構ですので、審査基準は皆同じということになります。
将来、住宅ローンを安い金利で組みたいと考えている人は、今から信用情報に傷がつかないように暮らすと良いでしょう。

フラット35の審査基準は甘い?おすすめな人とは?